FRESH VOICE

台風後の濁りはまだまだ取れてませんので週末は琵琶湖でレッツクランキンッ♪

三週間ほど前に、近畿地方へ二週間連続でやってきた台風は琵琶湖全体を濁りに濁らせた。
2つ目の台風がやって来てから2週間ほど経つが未だに濁りは取れてません。
ってことは

コヤツの出番!!コヤツの季節到来っ!!琵琶湖に台風が来たら

300の独壇場っ!!濁りを意識したブルーバックマットチャート(写真左)、ホットタイガー(写真上)、ストライクチャート(写真右)。この3つのカラーが濁りにオススメのカラー!

基本的には濁りが入ると高速巻きよりかはストレートリトリーブでローギア、ロングハンドルで巻くのが琵琶湖のアングラーの主流かな。

普段キレイな水の中で生息する北湖バスも

濁りが入れば圧倒的なまでに口を使いやすくなる。霞ヶ浦とは真逆の発想。
琵琶湖のビッグバスを300で狙い撃ちっ!!

300はマストなアイテムだけど、もちろん水深によって

DEEP-SIXも全然用いる。DEEP-X300とローテーションっ!
◎潜行深度
300は潜行深度が4m。
DEEP-SIXは4.7m。
※ともにフロロ14lb.を用いた場合
オススメのロッドはブラックジャングルF5-71XBJがオススメなんだが今はなかなか売ってないので、まだ販売されているお店をお探しになるか、今後あのロッドに変わるスペシャルなロッドが出るのかは今は秘密っ!←さぁどうなる?!
そうそうっ!往年の名作

DEEP-X200や

DEEP-X100もお忘れ無く。濁りがまだ残る内に琵琶湖でクランキングゲームを楽しむべしっっ(^-^)/!!
 
北湖ロックエリアをクランクで狙う場合は
・沖まで続く岩の張り出し
・ベイトの存在
・各岬
これをキーに探ってみてください♪ひたすらに闇雲キャストだとただただロストするだけなのでロックエリアの『変化』を見つけてエリア選択を宜しくお願い致します。
南湖も北湖もまだまだ濁りが残るので今週末はみんなでレッツ!クランキンッ♪ですよーーっ!