FRESH VOICE

ヒライシンのテールアクションで、広範囲からバスを誘い出す!!

朝夕は涼しく少しずつ夏から秋へ移行中。

気候と比例するように、水中も秋っぽさが感じられます。

そのため、夏エリアから徐々に広範囲にバスが散り始めており、ルアーパワーで、バスに気付かせる釣りを心掛けます。

 

そんな先日、「ヒライシン475」がハマって、短時間ながら複数本のバスをキャッチ!

 

 

フリーフォール時に、抵抗力のあるテール部がブルブルとバイブレーションして水を押してくれるので、アピール力重視なフィネスアイテムです。

 

 

秋っぽさが増してきているので、バスのサイズは選びづらいですが、小バス~良型バスを広範囲からキッチリと誘い出すことができました。

 

 

先日の1つのパターンとしては、ノーシンカーワッキーでボトムまでゆっくりフリーフォールさせ、着底後、ボトムに堆積する枝に「絡ませて→外す」を繰り返しているとバイトが多発しました。

マスバリは根掛り回避のために、ガード付きのものを推奨します。

 

 

また、ストラクチャーに絡めながらの釣りになるため、ロッドパワーのある、Newデストロイヤー F3-610XSをセレクト。

 

 

「無風状態や水質がキレイで、プラグだとルアーパワーが強い」

 

「フィネスで、ゆっくりかつアピール力を重視して広範囲からバスを誘い出したい」

 

 といったような場面で、ヒライシンの出番です。

 

 

秋の散ったバスに対して非常に有効なフィネスアイテムなので、ぜひぜひお試しください!

 

■ タックルデータ

ROD:Newデストロイヤー F3-610XS“VLC – Version Lake Casitas -”

LURE:ヒライシン475 (ノーシンカーワッキー)

LINE:フロロカーボン5lb