FRESH VOICE

DEEP-X300祭り開催中!押さえのボトルシュリンプテキサス!氷河素材のアンダーウェア開発中!

五月の琵琶湖。

 
5月1日で平均水温が15℃くらいだったが5月15日時点で20℃ほどになった。
 
南湖でのバスの状態は全体的にミドル~アフタースポーン。
 
 
ミドルが2割、アフターが8割と言った感じです。フロリダ系のドデカイ個体は7月頭までゆっくりスポーンするのは毎年のこと。ちなみにまだフライ守りのバスをシャローでは見ておりません。
どこの情報サイトより正確な↑割合だと思います。
 
 
そんな南湖でバスを釣っていくキーは『ズル引き&ステイ』、そしてアフターを狙った『3~ 4mラインのクランキング 』。
 
ボトルシュリンプ3.5gライテキを使う場合、
 

 
ペグ止め無しのフリーテキサス。
シンカーとフックの間にはクッションゴムを入れて合わせ切れを防止。
 

 
スポーニング真っ最中の状況ではノセ重視のNewデストロイヤー・サイクロンを使用。
アフターの食い気が出てきた頃にはG-AXで魚を掛けに行きます。
 
 
そしてアフターの定番!DEEP-X300。
 

 

 
アフターのドデカイのが連日反応。
 

 
小売店さんの店頭にもよく置いてあって、お求め易いカラーでお薦めは
 
◎PMギル
◎ワギンオイカワ
◎ワギンハス
◎ストライクチャート
 
の4色かな。
 
PMギルは初夏~秋のギルが浮いたときに使用することが多い。
 
ワギンオイカワはスタンダートな『カラーに迷ったらコレ!』な無難なカラー。
 
ワギンハスはクリアアップしたときに使用。一発ドカン!も良くあるんですよねっ!
 
ストライクチャートはハマればこのカラーでのみヒットし続ける当ガイドの定番カラー。
 
 
昨日も
 

 
60UP、58.5、57.5、53、51、49、48他多数とお祭り騒ぎでした。
 
300は日本一の4mダイバー!琵琶湖釣行の際は是非ご準備のほど、宜しくお願い致します!
 
 
あと、
 

 

 
 
メガバスのアンダーウェア上下と、フェイス&ネックガード、アームカバー(全てプロト)をテスト中。
 

 
水分に反応してヒンヤリする素材、
 

 
氷河採用で夏の釣りも快適に過ごすことが出来ます♪