FRESH VOICE

5月の霞ヶ浦水系でバスフィッシングをする方へのちょっとお願いです。

こんにちは!W.B.S.メガバスプロスタッフの長岡です。

4月22~23日に開催されたW.B.S.プロチームトーナメントですが、実は大会数日前にインフルエンザにかかってしまい出場を断念せざるを得ない状況に・・・泣く泣く参加辞退しました。体調管理ができず多くの方々へご迷惑をおかけしました事をこの場をお借りしてお詫び申し上げます。初戦・第二戦と欠場が続いてしまいましたが、気持ちを新たに次戦に挑みますので、今後も応援よろしくお願いします。

 

話は変わりますが、5月に霞ヶ浦水系でバスフィッシングをする一般アングラーの方々へお伝えしたいことがあります。

ここ最近の霞ヶ浦水系でのバスの個体数は減少する一方で、なかなか殖える見込みが無いという現状があります。そこで、霞ヶ浦水系のバス達にとってスポーニングシーズン(産卵期)の真只中であるこの時期に、産卵後そのバス達が守るネスト(産卵床)を保護するという目的でトーナメントを自粛してはどうだろうか、という提案がなされました。この提案に多くの方々からの賛同をいただき、霞ヶ浦水系で活動しているトーナメント団体及び霞ヶ浦水系のマリーナでは5月いっぱいトーナメント開催を自粛する、という新たな取り組みをすることになりました。

皆さんに誤解しないでいただきたいのですが、決してこの時期にバス釣りをしないで下さいと言っているのではありません。もし釣れた時は、写真に収めたら直ぐにリリースをしていただきたいのです。ネスト(産卵床)を守るバスでしたら、暫くしたら戻って来て再度ネスト(産卵床)を守り始めるでしょう。ただバスを釣るだけなら誰にでも出来ますが、これからは次世代へバスフィッシングの楽しさを伝えていくために、霞ヶ浦水系のバスを保護していかなくてはならないと思うのです。これからも皆さんが霞ヶ浦水系の元気なバスに遊んでもらえるように、霞ヶ浦水系での私たちの取り組みを知っていただきたいという、私からのお願いでした。