FRESH VOICE

ボトルシュリンプのバックスライドセッティング!

みなさんこんにちは!
前回のブログに繋げて更にW.B.Sメガバスプロチームの高橋プロと
引っ張りすぎた感のある(笑)、
ボトルシュリンプのバックスライドセッティング。

今回はそのセッティング方法を紹介します!

実際「バックスライドセッティング」をしようとすれば、
まぁこうなるよね、的な基本的な事でしかないのですが、
“バックスライドフォール”は霞ヶ浦水系はもちろん、
全国どこのフィールドでもバスがエビ系を意識したタイミングでは
ハンパなく威力を発揮するので、
カバー撃ちの好きな自分には絶対外せないアクションの1つ。

霞ヶ浦をホームにしている高橋プロにとっても
もちろんそれは同じことが言えて、色々と電話でやり取りしつつ
最終的には前回のブログにある通り霞ヶ浦でボートに同船して煮詰めてきました。

まず、ボトルシュリンプ4インチを用意。
ボトルシュリンプには2本の長いパワーアームと、
両サイド3本ずつ、計6本のレッグがあります。
その6本のレッグ、取っちゃいましょう。

katsuu_20160628_1
こんな感じ。
これはテキサスリグ等、本来の通常使用をした際にピリピリっとした、
ビビッドな波動を生む為のパーツだけど、
今回は素直にボディに水を受けさせて
他の抵抗を減らしてスライドフォールさせたいので取る事にします。
この時この取ってしまうアームへの慈悲の気持ちは忘れずに…(笑)

そして更にバックスライドしやすくさせる為、
お尻側にネイルシンカーを入れます。
ここが高橋プロと色々試行錯誤した結果なんだけど、
埋め込むネイルシンカーの重さは0.9g(1/32oz)がベスト!!

katsuu_20160628_2

写真では見えるようにしてありますが、
しっかり埋め込んで、更にライターであぶって完全に埋め込んでおくと、
途中で抜けちゃったりのストレスがほぼナシにっ!!
(火で炙る時はヤケド注意っ!)

少し濃いめのカバーの隙間なんかに入れ込むような時はもう1つ重くして、
1.3g(3/64oz)をチョイスでOK。

そしてフックの刺し方。
これはバックスライドなので当然だけど、
いわゆるお尻側からオフセットフックを刺す順付けではなく、
頭から刺す逆付けで!!
フックは2/0or3/0推奨っ!(写真は3/0使用)

katsuu_20160628_3
完成!
こんな感じ。

あとはなるべくキャストの際にテンションフリーでフォールさせる事!!
その方がグッドスライド!

このボトルシュリンプ・バックスライドセッティングの威力は、
1つ前の記事を読んでももらえれば、バッチリ証明済みなのでっ!!

エビ系ベイトなフィールドや、そんなタイミングでは
間違いなく威力を発揮してくれる。

で、なんでボトルシュリンプなの?
って肝心な所。

なんといってもこのパワーアームの存在感。
フォルムはもちろんだけど、
フォール時には適度にユラユラ動いてバスもたまらずバイトしちゃうみたい。

是非このボトルシュリンプのバックスライドセッティングの威力、
みなさんのホームフィールド各地で体感して
更にエンジョイバスフィッシングしちゃってくださいっ!!