FRESH VOICE

ワンテン+1は僕に無くてはならないルアー

ワンテン+1は今時期(早春)の琵琶湖で大活躍してくれる僕の一軍ルアー。

僕のガイドでも春にワンテン+1は絶っっ対的に!!!信頼しているルアーだしゲストさんにも自信を持って奨められるミノーである。

メガバスのハードルアーの中でも神がかったルアーの1つだと思っています。

このルアーの僕的に魅力を感じている点としてざっと挙げると

・切れ味抜群なカッ飛び系のワイドなダートアクション

・潜行深度が丁寧な2ジャークで2mレンジまで潜るので早春のバスの目線に合わせやすい。

・フラットボディから放たれる強烈なフラッシングのアピール度が高い。

ってな感じかな。。

3月頭に出た

堅牢な琵琶湖のロクマルもワンテン+1のアクションに騙されたっ!!

僕のオススメカラーである「M シャンパンキンクロカラー」にて!!

いやぁ、早春のガイドフィッシングには欠かせないアイテム。

ワンテン+1はフォルムはワンテンなんだけど感覚的にはシルエットが大きめのシャッドだと僕は思っています。

パワーで水を押すジャークベイトと言うよりは繊細なシャッド系プラグ寄りのアクション。

ダート幅がデカく切れ味が鋭いので(もはや瞬間移動)大小問わずバスの数が釣れるジャークベイトって感じ。

ガイドではミッドレンジミノー初心者の方にもオススメのミノーです。

ワンテンで届かないレンジにバスが居て、リベンジやリバイアサンでは潜りすぎるような状況の時など使ってみてくださいねっ!

だいたい琵琶湖だと水深3mのエリアでボトムに1~1.5m、ウィードが生えているエリアなどが引きやすいかな。

ホントに今まで何度、ガイドフィッシング中にゲストさんにバスをキャッチしてもらってルアーに助けてもらったことか‥(^-^;(^-^;

ちなみにワンテン+1シリーズにワンテン+1レーシングが仲間入りっ!!

ワンテンレーシングとは極めて軽い塗装を施すことにより、ワンテンのアクションを最大限に発揮することを実現したというもの。

極薄塗装です。

ゲストの浦さんはレーシングを買われてその日にナイスフィッシュ!!

僕もブラッシュさんの撮影で4日ほど前にロケをしていただきましたが

ワンテン+1で魚を釣っているのでまたオンエアしたらブラッシュチャンネル、是非見てくださいねっ!!