FRESH VOICE

遂にロクマル陥落!!スパークセブン!7本の力!

今年の冬、

自身のガイドフィッシングにおいて「このルアーにご飯を食べさせて貰ってますNo.1ルアー」は間違いなく「スパークセブン」ですね。

11月~今までずーっと頼りになっております。。

ビッグも出ますぜっーー!

5本ワイヤーでもバスは十分に釣れるが7本ワイヤーでしか釣れない魚が絶対に居るっ!!これは日々のガイドフィッシングの中で痛切に感じた事実!!

ワイヤーの絶妙な長さの違いを緻密に計算され出されたナカテツ兄貴の渾身のバマ!!

7本が織り成す強烈なシルエット(圧倒的存在感)とアピール(驚異の水押し)は食わせの要素ももちろんあるが、バスが瞬発的にリアクションバイトしてしまうような感覚。。

晩秋から厳冬季になるに連れて喰わせで食い渋るとき、セブンを投入してみるとっ!!

寒さのため、エサを喰いたくなくなった魚を威嚇とリアクションでウィードの中から浮かせて口を使わせることが何度も出来たっ!!

7本ワイヤーの力を存分に感じさせていただいた今冬ですね。

コンディションの良い南湖の

魚がスパークセブンを襲うっっ!!

狙いは冬の定番メインチャンネルの5~6mを狙うのはもちろんだが、南湖南エリアのミドルレンジ3~3.5mも狙う。

水温が6℃台であろうがディープに全ての魚が居るわけでなく、やる気のあるヤツが集まるミドルが南湖には何ヵ所か出来る。これは毎年そう!

そのミドルの魚が上がってくるポイントは年によって異なるのでこれを捕らえるのはなかなか難しいが、ここはガイドの冥ってところ。。

ってなカッコイイことを言っていますがなかなか難しいのがホンネなところですけどね。。

プロップ付きのスパークセブンとプロップ無しのスパークセブンがあるが、僕は水押しをさらに強くするために

ペラ付きのスパークセブンをチョイス。。

ジグヘッドは

・1/16oz×6つ
・1/8oz×1つ  

これが僕のセッティング。このセットだと4m~5mラインをしっかり攻めることが出来る。

しかし3mレンジをメインにするとなると1/16oz×7つが使いやすい。。

琵琶湖はスパークリグはじめアラバマ系リグがまだまだハマルシーンがたくさんある湖!!

このスパークセブンで釣り上げたロクマルもシビれたなぁ!!

と、言うことでこの記事を読んでくださった皆々様!スパークセブンを見つけたら即バイトで宜しくお願い致しますっっ!!店頭に無い場合はお店の方にお取り寄せも出来ますのでご相談を(^^)(^^)/

「5本と7本ではまたベツモノ」。。

ちなみに↑このロクマルをすくったランディングネット!!これカッコイイでしょ?!

メガバスの製品なんだけど、今試作段階で強度や網の深さなどテストしている最中。こちらの方も楽しみにしておいて下さい♪