FRESH VOICE

琵琶湖の秋にオススメピックアップアイテム

もう11月に差し掛かり水温も南湖で16度台、北湖では17度台と言ったところで北湖と南湖の水温逆転の現象が起きだしましたね~(^-^;琵琶湖が冬の準備をしだした…みたいな感じかな?

まっ!11月いっぱいまではまだまだ水温も高く、巻きも楽しめますし琵琶湖はオンシーズンですっ!!

そんな秋のピックアップアイテムをご紹介。

杉村ガイドの定番「V9スピナベ」

この秋もコイツに助けられております。

1日のガイドプランの中に必ず必要なレギュラーメンバーですね。

ここで独り言。。。

琵琶湖上で一年のほとんどを過ごす僕が凄く感じること、、それはスピナベのウエイトセレクトが年々シビアになっていること。

僕の場合はウィードトップからウィードの根元までを幅広いレンジを一つのスピナベで探るので、バジングからスローロールまで対応できる5/8ozで通してきました。

が、、最近はシャローレンジを攻めるならキッチリ3/8oz!ミドルを攻めるなら1/2oz!ボトムを攻めるなら5/8oz!…と、シビアにセレクトしていかないと琵琶湖のバスは相当反応してくれないし釣れない。。

3/8ozなんて琵琶湖でそこまで使いませんでしたが今の琵琶湖では必要ですね。

さぁ、次のルアー!秋の定番、、、

シャッディングX。

これはね、、もう説明不要ですね♪

ライトリグより釣れる秋のドラッキングジャークテクニックで僕の信用度ナンバー1のシャッド。

是非皆さんも南湖のウィードエッジ各所でやってみてください。入れ食いポイントはどこかにあるはず。もちろんキャスティングではなくドラッキングで3mから4mレンジを探ってくださいね♪

派手すぎない押さえ目なート幅が、大きな個体のバスにアピール!

あと、最近マイブームなのはシャッディングXをシビアにトゥルーチューンして行う早巻き。ガンガン巻いてリアクションで狙う。

琵琶湖で早巻きテクは試している方も少なくまだまだバスは騙せます♪するなら今のうち??

お次はワンテン。。ワールドワイドな釣れるジャークベイトの代名詞。。

南湖、北湖問わずフィーディングスポットを狙って丁寧にジャークし浮かせて食わせる。ワンテンがレンジ的にはドシャローから1.5mくらい潜るのに対してプラス1は2mから2.5mレンジ対応って感じです。。

ワンテンとワンテンプラス1の違いについて、ここで書き出すと右手が負傷するくらい色々あるのでまたいつか~w

ワンテンプラス1はシャッドに近い感覚のベイトですね~

そしてラストはnewバイブレーションX!!

強い波動と存在感で広大なウィードフラットを遠投&早巻きでリアクションバイトを狙う。

朝夕(夕方の方が食うタイミングは長い)に食い気のあるバスをサーチ。早巻きでガツンと竿が止まる感覚は中毒になること間違いなし。

他社3/4ozクラスのバイブレーションよりレンジが少し深くまで探れるので冬に近づくにつれミディアムリトリーブにてレンジの下がったバスをも狙えるルアーです。

以上、杉村ガイドの秋におすすめなルアーラインナップでした~🎵