FRESH VOICE

夏の亀山レポート

今年の夏の亀山は7月の雨の影響もあり、例年よりも減水は進まずお盆の時点では減水のペースも緩やかになりアオコもそれ程きつい状態ではなくなっています。

一時だけバス、ベイト共にディープに落ちた時はあったのですがそれ以降は夏らしい天候が続き通常の夏といった天候が続きました。

今年は極短い期間ではありましたがワカサギフィーディングもあり、今では水の中に僅かながら秋の気配を感じる様になってきました。

この時期は夏休みの期間と重なり、いつも以上のハイプレッシャーレイクになっていた亀山ダムですが釣果の方はハイプレッシャーなんて御構い無しな釣れっぷりでした!

まずは一瞬だけディープに落ちたタイミングでは新作のビックスプーンのBIANCAが炸裂しました!

BIANCAはビックスプーン系に良くありがちな糸寄れやミスバイト防止の為にローリングスイベルやチラシバリが標準装備!このお陰でストレス無く使い続ける事が出来るビックスプーンです!

次に夏の定番の岩盤+立木ではトーナメンクローラー4インチのDSでシンカーは1.8~2.2グラムまでを使用して釣って行き、水深的には3m~のレンジで反応が取れています。

こちらは減水によって立木がむき出しになっているのでプレッシャーは高くなっていますが若干深めや岩盤に沿ってフォールさせる事の2点に特に集中して釣る事が重要です。

岩盤に沿わせるというのは深くなるに連れて難しくなってきます。ここでのDSのアクションはイメージ的には岩盤をボトムに見たててのフォールで常にシンカーを岩盤にタッチさせながら滑り落とす様なイメージになります。

カーブフォールでも状況によっては反応はあるのですがこの季節に岩盤に浮いているバスはほぼバンクに向かって上を意識して浮いている事が多く、そういった状態のバスは岸ベッタリにアプローチする事で比較的容易に反応させる事が出来ます。

これについては、シャローのサイトと同様で、岸を向いてるバスには一旦岸にルアーを乗せて水中に入れると好反応が得られて、逆にバスと岸の間にルアーを落とせなかったり、例え入ったとしても水中にダイレクトに入れてしまうと全く反応してくれなかったり…、といった状態が水中の中で起こっているとイメージして頂くと解り易いかと思います。

従って、カーブフォールでは反応させ辛い状態になってルアーを送り込んでしまっている事も考えられるので、トーナメンクローラーのDSを使った岩盤+立木での釣りはまず、このアプローチを私はオススメします!

また、岩盤絡みの崩落のカバーでは狙ってサイズアップが出来ている状況で、通常減水してしまうとシャローのバンク沿いのカバーは干上がってしまい、それに着いているバスは離れていってしまうのですが、岩盤の崩落絡みでは元々水深のある場所なので減水状態であってもカバーの釣りが成立します。

こちらは最近流行っているカバーネコやTKツイスターjr.のNSで崩落の細かな枝等に絡めていくアプローチで、水深はやはりやや深めを狙っていく形になります。

アクション的にはネコリグは枝に絡めながらのシェイクでゆっくりと落とし込んでいる時、TKツイスターjr. NSはバックスライドさせて、枝にラインが持たれた時のフォール姿勢、及びフォールスピードの変化が起きた時のアクションの変化のタイミングでバイトさせる事が出来ています。

なんといっても崩落のこの釣りの場合、アベレージ以上のサイズをキャッチする事が出来ています。夏はサイズアップするのが難しいといわれていますが取れれば、ほぼ40アップのキャッチが出来ています!

今回紹介した釣りで、メインで使用するリグはDSやNS、ネコリグといったライトリグ系なので、スピニングでの使用が一般的だとは思いますがカバー絡みでスピニングタックルを使用するには少々リスクが伴い、バイトが取れたとしても既にカバーの中での状態なのでスピニングタックルで使用する様なライトラインでは巻かれてラインブレイクと言った状況が頻発してしまいます。

このシチュエーションでの私の使用タックルはデストロイヤーX7 F3-69X7を選択しています。このロッドの特徴は一般的にベイトフィネスで扱うソフトルアー系全般を操る事が出来て、それ故に不足してしまいがちなバスをカバーから引き剥がす為の十分なパワーを兼ね揃えた、カバー絡みのベイトフィネスの釣りでは無くてはならない重要な要素が盛り込まれたロッドになっています。

その他にも様々な釣り方で釣れている亀山ダム!

現在では徐々に巻きの展開でも数が出る様になってきていて特に、特にSクランクでは立木等のストラクチャー周りで数が取れています!

サイズはまだそれ程でもないですが今後は巻物系のスピナーベイトやクランクベイトでもサイズが出てくると思うのでV9やDEEP-Xシリーズ等々を秋はレンジに合わせて狙って行く展開が有効になってくると思います!

最後に今年の夏に活躍したルアー達!

TKツイスターjr.は崩落カバー周りのNS、パタリロ、トーナメンクローラー4インチは岩盤+立木のDS、
Sクランクは立木群の中を、DEEP-X150はやや深めのストラクチャー絡みで、BIANCAは立木や岩盤や桟橋、時にはベイトボールの直撃で活躍してくれました!