FRESH VOICE

2015年のNEW KIRISAME

こんにちは、松本恵太です。

今回のKIRISAMEはオールソリッド!

いままでのライトリグに特化したロッドでよく聞く特徴というのは「ソリッドティップ搭載」というワードを聞く事が多かったと思います。

現在は軽くて感度が良いと言われる様々なライトリグ専用ロッドがあります。

ライトリグ使用の際に「軽い」ということで体への負担が減り集中力が持続するという事は事実です。

しかしライトリグ用のロッド全般に言える事、軽いルアーを繊細に操れるが故にどうしてもバスを掛け、その後に取り込む為に必要になってくるパワーというものがやや不足してしまうという点がありました。

いかにバスを喰わせる為に集中できたとしても掛けたその後のパワー不足によりストラクチャー等に巻かれてしまいバラしてしまってはせっかくフッキングまで持ち込んでも全く意味がありません。

私のホームレイクであるリザーバーの亀山では立木やスタンプといったストラクチャー等が非常に多く喰わせたとしても走られて巻かれてしまったりという事もしばしばあります。

また、本格的にシーズンインをしてからや現在のアフタースポーン期からはトーナメントも多く開催され、よりハイプレッシャー化が進み、限られた時間の中で最終的に人より少しでも上の釣果やウエイトを出すにはやはりライトリグの力に頼らざるを得ない状況が出てきます。

つまり、比較的細いライン、軽いシンカー、小さなフック、小さなルアー、を使ったライトリグでビックフィッシュを狙って行く事がトーナメントの場やプライベートであっても、他の釣り人より釣果を出す為の数ある選択肢の中の1つになってきています。

ライトリグというのは取り敢えず1匹の為という考えが一般的に知られていると思いますが、現在のアフタースポーン期、回復するまでの間やプレッシャーが掛かった中でビックフィッシュがライトリグでしか反応してくれないという状況も確実に存在しています。

この様な状況でライトリグを使用した際に、喰わせるまでは良いのですがその後の掛けた瞬間からはラインブレイクや確実に取り込めるかどうかというリスクを背負う事になります。

細いラインでもしっかりとフッキングが決まり、例えフックがしっかり掛かっていなくともフルソリッドの繋ぎ目の無いブランクが常にテンションを保ち続け不意な突っ込みにもしっかりと曲がって対応し、フックアウトやラインブレイクをせずにバスの引きに対応してくれる。

更にチューブラーとは異なり中身が詰まっている為トルクがありビックフィッシュの走りを「止める」力を持ったこのロッド。

そんな今回のフルソリッドKIRISAMEは2モデル。
まずF2-61XKS-Sはライトリグ全般を扱い易い仕様です。

次にF3-511XKS-Sはカバー周りでのスモールラバージグ、ネコリグ等や、やや太めのラインまで背負える仕様になっていて、カバーから掛けたバスを引き離すといった様な場面で使用しています。

私の使用した感想はライトリグを繊細に操る事が出来ながら掛けたビックフィッシュの走りを「止める」事が出来るというライトリグロッドの相反する能力を持ち合わせたロッドという印象を受けました。

実際に時期は少し前になりますが3500オーバーのバスをトーナメント中にF3-511XKS-Sでキャッチしています。

フルソリッドの特性から来るダンパー効果、ショック吸収力、粘りといった能力を持ち、チューブラーとは反対に中身が詰まっている為非常にトルクのあるロッドです。

他のフルソリッドロッドと比較して少々硬めに出来ていますが、しっかりと曲がってくれてフルソリッドという事によりチューブラーに比べティップも細くできライトリグを繊細に操り食い込ませるという事ができます。

ライトリグをしっかりと操る事が出来ながらも掛けた後はフルソリッドのブランクから発生するトルクでビックフィッシュの走りを「止める」事が出来るロッド。

ライトリグロッドの弱点であった掛けた後のパワーが不足してしまうといった点を見事に克服し、ライトリグの操作性と確実にバスを取り込む事の出来るパワーといったこの相反する能力を持った NEW KIRISAMEはいままでライトリグで掛けていたにも関わらずバラしやラインブレイクで失ってしまっていたあのビックフィッシュ達を確実にキャッチしていく為のライトリグのスペシャルロッドになっています!

皆様もぜひお試しください!