FRESH VOICE

EELER 大活躍!

春に近づくにつれ水温の上昇に伴い早朝でも冷え込む事も少なくなってきました!
バスもシャローにチラホラとサイトで確認できる様になり、カバーでの釣果もだいぶ増えてきています。
この時期は多くの魚達がシャローへと向かってくるという釣り人には待ちに待った春の季節の到来です。

しかし、そこは亀山…
この時期となれば亀山ダムローカルのレベルの高い方々が狙いを定めて釣りに来ているのでプレッシャーは当然相当なものになります。
良いスポットには入れ替わり立ち代わりとルアーが…。

今回はこの春の時期のシャローについてと併せて私なりのEELERの使用方法をご紹介させて頂こうと思います。
冬場のポジションから季節の進行を感じとりシャローに上がるとおおよそのバス達は何らかのストラクチャーに身を寄せている状態が多くなってきます。
このストラクチャーというのは良く聞く、「カバー打ち」と呼んでいる、目視が出来るストラクチャーをダイレクトにラバージクやテキサスリグ、ネコリグを使用し釣っていくもの以外の目視する事が出来ないストラクチャーも含みます。
そういったカバー周辺以外にも岩盤系のオーバーハング直下の一見何も無いような所にぽっかりと浮いていたりするバスを見かける事があります。実際には何もないわけではなくその下のレンジに立木などが沈んでいる事がほとんどです。
これらのバスは動きが非常にスローな場合が多く、沈んでいくルアーを追う事はあるのですが超スローペースでNS等を落としても追い切らない場合もあります。
そんな浮き気味のスローな状況のバスに対して、付いているであろうインビジブルストラクチャーを狙っていく場合、どんなにスローに誘っていてもルアーの入っている場所より上のレンジに居た場合はバイトのほとんどがとれません。そんな状況では沈んでしまう事の無いフローティングタイプのルアーでバス達が意識している表層まで引き出す事の出来る力をもったルアーが必要になっていきます。

私の経験では日照時間が長くなり始める1月辺りからの時期についてのシャローの釣りはバスのレンジより上で誘う事が有効になってきます。
その背景にはカバーでも水面直下でのロングシェイクでビックフィッシュが出たり、亀山ダムでここ数年流行っているカエルパターンと言った釣りも主が表層での釣りでこれらの釣りが成立している事からもわかります。

少し話が外れてしまいましたがすべてのシーズンにおいてレンジを合わせるというのは大切な事ではあるのですが、特に早春からについては「バスの目線より上」というのが1本をとれるかどうかという大きなキーポイントになります。

では早春の広い湖の中でバスの目線より常に上で誘う事が出来てスローなバスを浮かせ、季節の特性上あまり激しい動きには反応しずらい事を考えた上での私なりのEELERの使用方法についてはデッドスティッキングです。

ただ巻きでウネウネアクションが出せるというのが特徴のEELERですがウネウネっとしたアクションを出せる4連結のボディはデッドスティッキングでも効果的です。
まず場所については水深のある岩盤絡みのオーバーハングの中、同じエリアにある薄ゴミの絡むレイダウンや木の枝等のカバーです。

レイダウン等のカバー系には直接キャストせずある程度離れた所へキャストして風等も利用し静かに近づける事がポイントです。
イメージ的には表層を意識してカバーに付いている上がりたてのスローなバスに対して「あれっ。いつの間にあんなのあったっけ」という様になるべく違和感なく自然に気付かせてやるイメージです。
静かにルアーを送り込んでからは時折トゥイッチを織り交ぜながらのデッドスティッキング。
この時のトゥイッチのコツはたるんだラインをほんの少し張る程度にします。
動き的には首を軽く振りそれに合わせて2関節目以降がゆっくりと振れて力なく漂わせる感じです。
バイトの出方は激しい感じではなく「ハフッ」っといった感じや水中に軽く引き込まれる様なバイトです。
あまり強過ぎるトゥイッチを入れてしまうと水中につんのめったようなアクションになってしまったり、この時期のこういった場所にいるバスに対しての急な強いアクションでは逆効果になってしまう事が多いからです。

今回、亀山のトーナメント中でもEELERのデッドスティッキングを使い、カバー周辺のキッカーフィッシュを引きずり出す事に成功し早春の厳しい状況ながら3キロオーバーで試合でも勝つ事が出来ました!

matsumoto_20150413_2
matsumoto_20150413_1

ただ巻きでは今までにはないウネウネアクションでバスを誘い出してくれるEELER
ジョイントボディを生かしてのデッドスティッキングでも効果を発揮してくれて、巻いてもステイでも色々な使い方でバスを誘い出してくれるEELERを是非お試しください!