FRESH VOICE

EELER

冬の釣りは多くの方々がディープでライトリグというのが主流となってきます。

しかしライトリグであってもこれからの最低水温期はますます厳しい状況・釣果になってくる事が予想されます。これは年々レベルの上がってきている釣り人からのフィッシングプレッシャーも影響していると思います。そんな状況で手堅く釣るには私はトーナメントクローラー4inchのDSを使用する事が多いのですが。こちらのディープ攻略では、確実に1本をとりたい!という状況で、やはり安定感はあるのですがそういった釣りではサイズはやや劣る面があります。
亀山はサイズを狙った釣りを展開していかなければなかなか思う様なサイズを釣って行く事が難しく数を釣って行く中でドデカイサイズが混ざるという事はほとんどありません。
この時期となれば尚更です。
そんな冬のビックフィッシュを狙うにはやはりシャローというのがキーになるのですが近年真冬であっても1日1本のビックフィッシュをとる為にシャローをやる切ると言う方は増えている様に感じます。一昔前にはそれ程でもなかったシャローへのプレッシャーも高まっている真冬の関東のハイプレッシャーフィールド亀山ダム。
この時期のシャローと言うと恐らく大部分の方がシャロー イコール テキサスやネコリグ、スモラバ等のカバー打ちを思い浮かべると思います。

今回このシャロー攻略にはカバーをダイレクトに釣っていくジグ系の釣りではなく新作の4連結ジョイント極細ボディのビックベイトEELERが活躍しました!

まずEELERのアクションはネーミングやビジュアル通りうなぎの様なアクション。ヘッドは若干ロールし2関節目以降から左右に振れて、わかり易い言葉で表現すれば「ウネウネ」っとしたアクション。いままでよくあったビックベイトとは違い水から逃げる様に大きくヘッドを動かして動いたりS字だったりというアクションではなく本物の魚類の様に尻尾で水をかいて推進力を得て前進している様なアクションを出す事ができます。
つまり、より生きた魚に近い動きをしているという事です。

この様なアクションを出すEELERで今回は早速冬のビックフィッシュを仕留められましたのでその時の状況等を今回はご報告させていただこうと思います。

私の場合、この時期シャローで一発を狙うにはカバー絡みが鉄則です。更に細かい所については水温的には最低水温前後のタイミングで冬の時期に気にする事が多い日向か、日陰かは気にしません。それよりも重要なのが風の影響を受けない事です。こういった条件を満たしたカバーがあるエリアにベイトが入っていればカバーにかなりの確率でバスを見つける事ができます。

こういったバスに対してのアプローチはヘビーテキサスのリアクションやサイトでライトリグを入れて喰うまでシェイクという方法があったのですがどちらもかなりの接近戦、プラス、カバーの中いるバスの目の前にルアーを送り込まなければならないのでキャストミスをすると終了です。
そういったカバーの中に居る。もしくは浮いているバスは下を意識せず上を意識しているので狙いは表層になってきます。これらのバスはサイトで確認できる水深に居る事が多いのですが当然サイトで距離を詰める事自体プレッシャーをかけてしまう状態なので距離をとってのアプローチが必要になってきます。

そんなバスを今回EELERの他にはない「ウネウネアクション」のただ巻きで仕留める事に成功しました。

EELERの私なりの使用感についてですが、キャスト性についてはEELERは1ozあるので飛距離については十分に取ることができます。このウエイトであれば専用のタックルを必要としないのでそれ程ごっついロッドを使う事はなく、スイムベイト専用ロッド等によくある硬く長いものを用いる必要がないのでカバーに対してキャストコントロールをつけやすくキャストしやすくなっています。
次に特徴的な4連結のボディですが飛行姿勢は安定していてキャスト時に回転してしまいラインが絡むという事はなく。着水音もボディが平面ではないのでビターンといった着水音もなく、ひとつのフックが枝等のカバーに絡んでしまったとしても他のボディがフリーとなっているのでロッドをあおり、他のフリーな
ボディを稼働させる事によって引っかかりを反動を使い外し易くなっています。
そんなEELERを前述したカバーでのスローリトリーブで水温7度の中でなんとボート際までチェイスもありこれにはかなりの衝撃を受けました。
リトリーブコースなどはカバーに沿ってタイトに引いてくる、例えば湖に大きく倒れこんだレイダウン等であれば着水からゆっくりと沿ってリトリーブするだけです!細かなロッドでのアクションは考えず、ただただごく普通にリトリーブするだけでEELERのウネウネアクションがバスをカバーから誘い出してくれます。この冬の季節であってもバスに追わせてバイトさせてしまうEELER
また、今後季節が進行して3月中旬頃からについてもただ巻きはもちろん、ぽかぽかとした日中から夕方等にさざ波がたっている様な状況の水深のあるカバー周り、スポーニングエリアになり得る様なワンド周辺でも4連結のボディを活かしたデッドスティッキングでもビックフィッシュを誘い出す力もあるルアーだと思います!
今シーズン、これからも投げるのが非常に楽しみなルアーです!