FRESH VOICE

琵琶湖におけるシャッディングXのドラッキングゲーム

今年の11月末、琵琶湖

エリアによっても違いますが水温は南湖で13℃~14℃、北湖で14℃~15℃。。今年は少し下がりが遅い、単純に寒波があまりやってこないので下がり切ってはおりません。

昨年は11月の中頃で放射冷却が強く水温も一時的にガンガン下がったのでブラッシュさんでブレーディングXを使った『メタルバイブ検証』と言うのを撮ってもらいました⬇

メタルバイブレーション検証 2013晩秋~冬/杉村和哉・琵琶湖(リンク有り)

だけれど今年は今時期になってやっとメタルの声が聞こえだしたって感じです。。少し遅い印象。

やはりまだ水温が下がり切っていないのと、それにより単純にベイトが浮き、尚且つ氷魚が入っているのでやっぱり止めて浮かしてやれるシャッドに分がありますね(^_^;)(^_^)

使い方はシャッドのドラッキング。。だいたい僕の場合は釣り人とルアーを10~15m離してやります。

シャッディングX(オリジナルサイズ)の場合は約10m離すとおおよそ3.5mレンジまで潜り約15m離すと4mレンジまで到達。20mくらい出すとただただウィードやゴミを拾いすぎてメンドクサイだけw

ちなみにタックルはオロチXXドロップショットにnewイダテン、ドラゴンコールフロロ6lb.

イダテンの回収能力の高さはドラッキングの釣りにおいて有利。また7フィートクラスのロッドと組み合わせることにより遠くのバスを確実にフッキングするための最強のコンビとなります。

ドラッキングの方法としては、まずボートの進行方向後ろにルアーを投げてジャークをしながら潜らせてやります。

2ジャーク1ポーズ(3秒くらい)。。このジャークが結構キモで強すぎないことが重要。

言っても60mmクラスの小さなルアーを4mレンジまで潜らせなきゃ駄目だから強いジャークをするとルアーが変に暴れて潜ろうとしません。。

左右のダートなら良いんだけれど上下に暴れては意味がないです。

ソフトにジャークしながら潜らせてやるイメージですね。それにジャークが強すぎると小さなサイズが釣れることが多いですよー♪デカバスこそ、丁寧にあまりルアーを動かさないことが重要です。

なぜか今年の傾向的に、ヒウオカラーも当然良いのですが、僕のブログでよく出てくるエビちゃんカラー(アボガドシュリンプ)が釣れ釣れ♪

シャッディングXは他社シャッドプラグと比べてダート幅が少し押さえ目な印象。

この良い意味で暴れすぎないアクションが琵琶湖のデカバスに有効です。。

以上、琵琶湖のシャッディングXドラッキングゲームについて♪でした~!!

↓日々のタイムリーなブログも更新しております。下記リンクまで宜しくお願い致します

杉村 和哉 琵琶湖ブラックバスフィッシングプロガイド 熱-HEAT-!!!blog|Ameba (アメーバ)
http://s.ameblo.jp/inspired-by-nature