FRESH VOICE

亀山レポート

現在の亀山は、引き続き満水をキープしているのですが水質は非常にクリアになっていて水深2mまでが丸見えの状態です。

場所によっては2.5m位までが見えている所もあります。

このクリアな状態…シャローにはかなりのバス・ベイト共に目視できる様になっていて生命感もありパッと見はかなり期待が出来そうな状態ではあるのですが普段の亀山を考えるとこの水のクリアさが逆にバスを釣る事に関しては非常に難しくさせてしまっています。

こういった状況プラス、ターンオーバー時期の今の状況下では私の選択肢として、表層でのフィーディング狙い・どシャローのカバー打ちという2通りがあります。

まず表層でのフィーディング。

この今の表層の水がクリアアップした水質の中でバスがルアーを見切ってしまう状況ではなるべくルアー以外の存在感を消す事、極力細いライン、小さなフックを使用してバスに違和感を感じさせない事と、もう一つがリアル系ベイトの投入!

そこで今回秋のターン時期での私の攻略の1つ目の表層でのフィーディングについては超リアルベイトのJAMILLAのNSトゥイッチ!が出番です。

JAMILLAといえばワッキー掛けの表層ピクピクで!というのが一般的だとは思いますが、私はヘッドからマスバリを通し刺しにしてミノーの様にトゥイッチして使用しています。

現在、渋い状況ではあるのですが、今まさに捕食されているベイトフィッシュとそっくりのサイズ感+超リアルなJAMILLAのシルエットによってルアーを簡単に見切られてしまう様な水質であってもバスに見切らせずにバイトさせる事ができます。

しかもこの釣りで掛けたバスはそのほとんどが深いバイトでバックリとJAMILLAを吸い込んでくれています!

matsumoto_20141110_1

JAMILLA+表層トゥイッチは、アクションを加えるとまるで生きているベイトフィッシュの様にバスを誘い出し、クリアアップした水質の中でバスの視界が非常に効く様になっている「騙しずらい」クリアウォーターな状態においても非常に有効な手段です。

次にどシャローのカバー打ちです。
ターンオーバーはシャローとディープの良くない水が入れ替わってしまう状態でその水が届かない様な広いシャローフラット上のバンク、又はそれらの水を遮る事の出来るフィルター的な要素をもったカバーの中、もしくはそのカバーよりさらに奥のバンクを狙うという所です。

そう言った、どシャローなどのカバーは分厚くなっていたり、非常に密度の濃いアシやレイダウンだったり、流木や浮きゴミが複雑に絡み合っているという状況がほとんどです。

そういった場所ではルアーをアプローチする事さえ出来れば比較的簡単に口を使わせる事ができます。

その為にはまずそれらのカバーをスルーさせる為のすり抜けのいいルアーが必要になってきます。

そこで私はDONG PATH

とにかくカバーのすり抜けが良く、スルっとカバーに入っていってくれます。

この時期のカバーの釣りはカバー上でゆっくりほぐしてから水中に入れる場合よりも着水と同時に一気にパスッとカバーを突き破り水中にルアーを入れてやる方がバイトが出やすい傾向にあります。

バスの視界より上のカバー上から誘いをかけルアーに気付かせるより、リアクション気味に一瞬でバスの視界にルアーを送り込んでやるというイメージです。

厚いカバーを突き破る事だけを考えるならば重たいシンカーを使えば突き破る事は簡単なのですがなるべく派手な着水音や水面より上で水中に対して違和感を出させずにいかに隠密にルアーがカバーを突き破り、水中に前触れなくルアーを送りこめるかが重要だと考えています。

この理由としてはこの時期には水上にいる昆虫系などが少なくなるという点でバスに対し、水上で何らかの気配がするという時期外れな不信感を抱かせないようにしたいという点、水温が下がり徐々にバスの意識が上ではなく下に向かっているという点が、カバー上などの視界の上でのアクションが効かなくなってくる点だと私は考えています。(一部極稀にこの時期に虫系やバズなどで一発どでかいビックフィッシュが釣れる事はあります。)

カバーの釣りに関して言えばこの時期に限らず、このDONG PATHのすり抜け性能というのは私がカバーを釣る上で最も重要であると考えている釣り人側のストレスの軽減にも貢献してくれています。

亀山の様なバンク沿い一面カバーだらけの状況ではバスが一旦カバーに入り出すと1日延々とカバーを釣り続けるだけでも楽しめてしまうという季節もあり、この時にフックズレが起きたり、カバーにルアーが絡みついたり、カバーを突き破れず水中にルアーが入って行かなかったりすると上手く自分のリズムが取れなくなってしまいカバーでの釣りにストレスを感じてしまう事があります。

この点についてもよく考えられた設計になっており、ストレスなく釣り続けられキャスト数も増え、バスをキャッチ出来るチャンスが格段に上がってくるはずです。

matsumoto_20141110_4

タフな状況に陥った時に頼りになるJAMILLA

カバーだらけな亀山でオールシーズンストレス無く打ちつづけられるDONG PATH!

どちらも私のボートデッキ上のスタメンです