FRESH VOICE

秋の亀山ダムレポート

寒暖の差が激しくなり亀山も秋パターンに変化してきました。

先日の台風の影響もあり、久しぶりの満水となった湖ですが中流から本湖にかけては濁りの影響はほとんどありません。

また私の経験上、秋の急な増水ではバスはいきなりシャローに上がってくるという事はあまりない様に感じています。

例年この時期に減水から解消されると途端に厳しい釣果になるのですが、今回、秋の巻物シーズンに合わせてリリースされた新作のV9スピナーベイトが大活躍しました!

matsumoto_20141023_1

このスピナーベイト、フックはロングシャンクナローゲイプのフックになっていてトレーラーフック要らずなのです。

ルアー自体のアクションを損なう恐れがある為トレーラーフック等を私は元々付けないタイプだったので今まではスピナーベイトに関してはミスバイトも多々ありバイトがあっても乗らないといった現象に悩まされた事がありました。そんな中で遂に私のスピナーベイトに関する悩みを解消してくれたのがV9スピナーベイト‼︎

matsumoto_20141023_3

この度リリースされ早速導入し今回の釣行ではかなり助けられました。

まず使用感としては湾曲したアッパーアームとロワアームがブレードとヘッドの振動を増幅しているのにも関わらず引き抵抗が軽い!

またフロントのブレードとアームが接触する事によっての接触音とそれに伴って今までのスピナーベイトとはひと味変わった引き心地に。

リトリーブ時の姿勢においては早く引いても横倒れせずに姿勢をキッチリとキープしながら引いてこれるというバランスのとれた死角のないスピナーベイトとなっています。

そんなV9で湖各所の4mの立木を引いてくるとライトリグですらバイトをとるのが厳しい状況の中ナイスサイズをキャッチできライトリグ組が苦戦する中で亀山+週末=ライトリグという方程式が崩れるような釣果が出せました。

matsumoto_20141023_2

ただこの時期はレンジが少しずれただけでも全く反応なし…。という現象が起きる為、同一レンジをしっかりとトレースできるレンジキープ力も非常に高くストレスなく使い続ける事ができました。

また引き続きフラットでも若干厳しいながら釣果も出ています。

こちらは6m前後に魚が集まりだして来ている状況です。

こちらはどちらかと言うとキーパーパターン的なサイズが多いのでまだまだ本命とは言えませんがその年のミドルやディープに落ちて来た1発目のタイミングを狙って行くと大爆発する可能性があるのでこちらもチェックしておきたい所です。

上流域においては水温は18度台となっておりまだサイトフィッシングも楽しめる状況です!

サイトではトーナメントクローラー4inchのNSでボトムやストラクチャーに絡めてスローにアクションする事でバスからの反応が得られます。

スローと表現していますが、本当に驚く程スローにです。

今回のサイトではストラクチャーやボトムに絡めて決してルアーを浮かせずに常に何かに接している様に操作すると口を使うという感じでした。

実は今回、亀山ダムのトキタボートさんのトーナメントに参加して来たのですがトーナメントクローラー4inchで仕留めたビックフィッシュが効き上位入賞する事ができました!