FRESH VOICE

秋の数釣りパターン

寒くなってくると小バスすら釣れない…って経験ありませんか?

それなら今のうちに楽しんでおかなきゃ損です。

今回ご紹介するアイテムは、フィネスといったらコレ!
PATALIROTOURNAMENT CRAWLER 4”
ただ単に釣るだけでもいいのですが、定番ではない少し変わった釣り方で釣れればサイズ以上の喜びがあるはず!

って事で僕の楽しみ方の推薦タックルですが

ishida_20141002_1

F2.1/2-66X7(L~MLクラス、スピニングでもOK)
IS71HL Hyper Lariat(BFスプールまたはシャロースプールへ要カスタム)
DRAGONCALL MILD FLUORO 8lb.以下(ボトムを取りやすくする為、細げれは細いほどOK!細い場合はDRAGONCALL SUPER FINESSE
マス針#4~6番(TOURNAMENT CRAWLER 4″も使う為、マス針使用)
ダウンショットシンカー 7~10g(ぶっ飛ばす)

以上のタックルがあればフィネスワームが50m超を飛ばす事ができるので、今まで届かなかった所へのアプローチが可能です。

ishida_20141002_2

PATALIRO使用時のロッドアクションは、ロッドを寝かせシェイク。

その際、2枚のアームが大きく動かせ過ぎない程度がベスト!

ishida_20141002_3

TOURNAMENT CRAWLER 4″の場合はロッドを立て、リフト&フォール。

4inch+細身のボディならではの細かいバイブレーションがバスを反応させます!

ルアーの特徴を最大限に生かすことがキーになるので、皆さん爆釣モードに突入して下さい♪

ishida_20141002_4