FRESH VOICE

琵琶湖ガイドの旧吉レポ♪

僕の仕事は釣り。趣味も釣り。

だから僕は仕事の日も釣りに行くし休みの日にも釣りに行く!!そのスタイルは何年も何年も変わらず…。

趣味の釣りって言ってもメインはブラックバス釣りで野池がメインのフィールドだけれど、年に何度かトリップに出掛ける。

そして、今年も行ってきましたよ♪

徳島県旧吉野川。

日本の数あるフィールドの中でも群を抜いてカバーゲームが高次元で楽しめるバスリバーって感じ?

旧吉=釣れる

って言う簡単な世界観ではございません。ただ単にカバーを撃つだけではもちろん釣れません。

カバーの奥の奥!最奥にルアーをアプローチし、そのルアーのシルエットやウェイトがその時のバスのコンディションにアジャストしていないとバイトまで至りません。

普段釣りをしている琵琶湖はオープンウォーターにキャストを繰り返していくことが多いので(時と場合によりますが)カバーを撃ちたいフラストレーションは溜まりまくりww

それを発散すべく旧吉に行ってきました!!

旧吉はベイト自体のサイズも小さいのでチョイスしたワームは3.5inchのドンパス。

サバイバルジグのトレーラーに♪もしくはテキサスで使用♪

朝イチからカバーの最奥、または流れのあたる杭にジグをアプローチ。

すると

サクサクっと40アップ登場!!ちなみにタックルは

ブラックジャングルパワーバーサタイル
IP79
ドラゴンコール18lb.
サバイバルジグ3/8oz×ドンパス

ちなみに今回は琵琶湖ガイドのゲストとして来てくださる神野さんも同行。

初旧吉に関わらず

ドンパステキサス劇場!!40アップ×3をサクサクっと水揚げ~♪ドンパス7gTXにて。

しかしここでノーバイトタイムが続く…。スローな釣りにシフトし橋脚にヘッジホッグスモラバ×TKフライをアプローチして

40アップ!!

40切るサイズ。

雨も降ってきてローライトコンディションと言うこともあり巻きの展開も視野に入れて

僕の永遠のスピナーベイトの定番、バレットシャッドでテトラやリップラップを巻いていくと

ガチコーーンと45アップ登場!!でした。

ひたすらに

高比重ワームのスキッピングをしていた某有名釣具店スタッフ、なべちゃん♪

やはりその釣りも強いね♪

今回の旧吉ツアー、やはりMVP☆ルアーは

ドンパス3.5inch!

硬すぎず柔らかすぎずのマテリアルはカバーにストレス無く『ドン』っと撃てて『パス』っと抜けることの出来る絶妙の硬さを誇ります。

サイズ感も小さすぎず大きすぎずなので、全国どこのフィールドにもマッチしていてイイネー♪

以上、琵琶湖ガイドの旧吉レポでした。