FRESH VOICE

ラインについて

皆さんこんにちは。3月に入っても寒い日が続いていますがバスフィッシングに行っていますか?

私はタックルのメンテナンス等をして過ごしています。

WBSプロトーナメント開幕もあと1ヶ月後に迫り、霞ヶ浦水系にもそろそろ春がやってきます。

バスフィッシングに大切なアイテムとして、ロッド、リール、ルアー、ラインが有りますが、私はもちろんMegabass製品を愛用しています。

その中で大事なラインについてですが、メインに使用しているのがDRAGONCALL Mild FLUORODRAGONCALL SUPER FINESSEで、この2種類を使い分けています。

nagaoka_20140303_1

DRAGONCALL Mild FLUOROは主にベイトタックル、DRAGONCALL SUPER FINESSEはスピニングタックルで使用しています。

霞ヶ浦水系のベイトフィネスでの使用は8lb ベイトタックルでのダウンショットリグでは8lb~10lbを使用、テキサスリグ及びラバージグは、浚渫エリアなどのオープンウォーターでは10lb~12lb、葦、ジャカゴなどのヘビーカバーでは14lb~16lb、時には20lbを使用しています。

スピニングタックルでのスモラバ等のフィネスリグは4lb、スピニングでのダウンショットリグは4lb~5lbで対応しています。Mild FLUOROSUPER FINESSEは、共にしなやかで高感度、根ズレに強く、結束力が強いのが特徴で、私が使い始めて3年経ちますが、プラクティスを含めてWBSプロトーナメントで掛けたバスに切られた事が一度もありません。

トーナメンターとして現在最も信頼を寄せているラインです。

ダウンショットリグなど糸よれを起こしやすいリグには、写真のように途中に極小のヨリモドシを付ける事をお勧めします。

nagaoka_20140303_2

そうすることでライントラブルがかなり軽減されます。

その際にはロッドの長さを利用したストロークの長いスウィープな合わせで!お試しあれ!