FRESH VOICE

バレットシャッド&ワイルドヘッダーな秋

いよいよ琵琶湖も秋めいてきて本格的にシャローレンジにバスが集まりだしましたね~。巻物の季節!!到来です。

気になるアユの接岸ですが本格的にはまだまだ!

もう、少~しだけの辛抱ですね。

僕はというと南湖でも北湖でも相変わらずナカテツさんプロデュースのチャター『ワイルド ヘッダー』や『バレットシャッド』で

シャローからミドルレンジを中心に魚を追っかけている日々です。

巻いて巻いてバスを拾って行く…秋を感じますね~。

夏と違い日中も巻いて過ごせるのでハードル アーオンリーで押し通すことも可能なんです…、、っっが!!そうそう毎回ウマく行かないのも、びわ湖なわけで…笑。

なので保険としてキャトルタングなど高比重ワームのNSリグも常備、船に積んでおります。

チャターとスピナベメインの今時期の僕のガイドの展開としまして、キーになるのがベイトの有無。

魚探や目視でエリアを選んで行きます。

その次に重要になってくるのがウィードの高さと水の色。

ウィードが高く水が濁っているようなエリアならワイルドヘッダー。

ウィードが低く水が澄んでいるようなエリアならバレットシャッドをチョイス。

しかし朝夕にはV4バズ・ビッグブレードなどバズにも激ハマりすることがあるのでボックスにお一つ忍ばせておくのもアリ♪ですよ~!

Android携帯からの投稿