FRESH VOICE

初冬、洲本沖での太刀魚ジギング?青物ジギング?(笑)

みんなさんこんにちは!

Megabassスタッフのトシユキです。

久しぶりに、太刀魚ジギングで沖にでてきました。

今回も西宮から出船の「釣人家」さんにお世話になりました。

平日で、お昼前から天候が荒れる予報にも関わらずジギング・テンヤのお客さんでいっぱいでした…

水温も下がり、冬のパターンに突入でしょうか…

 

約1時30分で洲本沖に到着…

既に太刀魚狙いの船で溢れています。

 

ポイントは水深100~120mで、船長の指示棚は底から20mまで~

いつものように様子を探るためSLASH BEAT180g

カラーは太刀魚の共食いパターンを意識してシルバーゼブラをチョイス…

 

底からワンピッチで時折軽くフォールを混ぜながら探っていくと、底から10m付近でいきなりゴン!

カラー選択が良かったのか一投目からF3サイズが反応してくれました。

 

同じパターンで探っていきますが、ガンガン当たってくる感じではなく拾い釣りのような展開…

 

 

しばらくすると、同じ水深で鯖の猛攻に遭ってしまい釣りになりません…

少し、ジグのシルエットを大きくするために、SLASH BEAT BACK SLIDER180g

カラーは同じくシルバーゼブラをチョイス

鯖を避けるべく底から10m付近をフォールを混ぜながら、丁寧に探っていくとゴン!

今までより強めの締め込みで上がってきたのは、ドラゴンとまではいきませんがメーターオーバーのF4.5サイズ♪

 

 

 

調子を上げていきたいところですが、またもや鯖とサバフグくんの猛攻でなかなか、気持ちよく釣りをさせて貰えません…

 

ポイント移動で次は水深140m。

指示棚は100m前後ということで少し早めのピッチに切り替えて探っていくと、引ったくるようなアタリが…

ドラグが止まりません…

明らかに太刀魚とは違う強烈な引き…

PE0.8号なんで無理は出来ません…

船長が「じっくりとやり取りしてくれていいよ~」と声を掛けてくれたので、甘えてファイト!

ロッドはSARBERISTのMLアクション。

太刀魚用ですが持ち前のバットパワーで、のされることなく20分かけて上がってきたのはブリとまではいきませんが、78㎝の丸々太ったメジロでした。

 

 

 

釣りを止めてしまったお客さま、お祭りしてしまったお客さま、すいませんでした…

こんなときは謝り倒しましょう(汗)

とにかく狙いでは無いけれど、捕獲できてホッとしました。

しかし、SLASH BEAT BACK SLIDERは青物にも良く効きますね~♪

 

その後はまたもや、鯖の猛攻とフグくんの糸噛み高切れでリズム悪く、強風が吹き出したところで強制終了となりました。

最終的には太刀魚F4.5を含む6本とメジロの釣果でした…

潮周りはあまり良くありませんでしたが、テンヤでは2桁釣られてる方もいるので、これから寒くなりますが洲本沖の太刀魚ゲームはまだまだ熱くなりそうです。

 

◼️タックルデータ◼️

ロッド

SA-63ML

SA-63L

ライン PE0.8号

リーダー 5号

バイトリーダー 複合メタルライン3号

 

使用ジグ

SLASH BEAT

SLASH BEAT BACK SLIDER

150g~180g