キャスティングふじみ野店に参上します!

blog-main_20140327

 

今度の日曜日、3月30日にキャスティングふじみ野店さんでスペシャルライブを行います!・・・さっき聞いた話によると、浜松の本社ファクトリーでは、先日彫金が終わって完成したばかり!のスプリガンの金型から最初に抜き出した「※プレファーストロット」のスプリガンを世界一早く、当日一部納品させていただくスペシャル企画とのこと(汗)。

おいおい、またかよ。シャチョーも知らなんだ企画・第3弾ってやつですか。

 ※プレファーストロットとは、本社ファクトリーの社内用語で、量産前の試験成形品のこと。

つまり、本来の量産品とは異なり、随所にハンドメイド工程が入った量産前最終試作品というレアケース。たしかに、新製品市場出荷前の私のロケでは、タイミング的にプレファーストを使うことが多いですね。

だれよりも早くフィールドで使い、バージンインパクトで爆釣ってパターンがありますな。 じゃあ、プレファーストロットと量産品は、どこが違うのか?

これ言っちゃっていいのかな・・・。

 

 ①    量産モデルのスプリガンとは、顔のデザインが違う。量産品にはエラ部に梨地の彫金が入ります。今回限定のプレファーストロットは、ビカっとした反射面を確保したプレーンなフェイス!

 ②    量産モデルとアクションが違う! 今回はふじみ野店さんが関東エリアのショップさんなので、関東のマッディフィールドを想定して、波動が強めのハイピッチのウィグルアクションへとチューニング! 量産品はアメリカの広大なシャローを一日引き倒すため、ハイギアリールに対応した引き抵抗がマイルドなワイドウォブル。ぜひ、使い比べてみて!どっちもGOODです。

 ③    プレファーストは、本社勤務の開発スタッフもファクトリーに入って製作に従事。

 ④    なので一品一品ヒトの手による成形調整やチューンなど、本番量産前ならではの面倒な手作業工程が多い。

 

 というわけでして、こういう内輪話も含めて?、秘儀「スリーシックスティ」メソッドをはじめ、フランクにワイガヤしながら、みなさんの春の爆釣劇のお手伝いができたら光栄です。

その他、せっかくだから様々なシークレットアイテムをご披露したいと思います。

ぜひ、キャスティングふじみ野店さんでお会いしましょう!!

 

↓イベント詳細はコチラ!↓

http://www.megabass.co.jp/site/information/20140228b/

 

 

TOPへ