Megabass JAPAN QUALITY

HOME > SALTWATER ROD > ASTELION

ASTELION

Megabass / SALTWATER

back

柔と剛
ASTELION Series Concept
・シャキッとした振りぬき感なのに、投げやすい
・超ド級のトルクで、魚から主導権を奪取
・しなやかに曲がるブランクスが、ショートバイトもしっかり掛ける

伝説の半身獣人、アステリオンの名を知らなくとも、このロッドをフィールドで使った時、きっとあなたはこう思うだろう。「二つの突出した好要素が、一つに存在する」と。あるいは、「気持ちいい!」と感じるだろう。アングラーの動作イメージと絶妙にシンクロする張りやネバリ、バランス、持ち味、操作感など、随所に「匠のセッティング」が「極みの味付け」を感じることだろう。
そうなのだ。アステリオン・ブランクスには、これまでのサーフロッドに存在した長さによる「もたつき」がない。シャキっと振りぬき、ビシッと「戻る」のだ。なのに、これまでの高弾性カーボンロッドがみせた、キャストのスィートスポットの狭さがない。まったくもってピーキーじゃないのだ。だから、タメが効く。魚とのやり取りでトルクが出る。ルアー操作がしなやかで、ナチュラルで、食いの浅い魚を相手に、カツカツとバイトを弾かない。
以上、あたりまえのことがあたりまえにできるロッドは、案外少ない。
はっきり言って、アステリオンの匠のロッドフィーリングと痛快なロッドアクションは、これまでにも、多くのアングラーとロッドエンジニア達が挑み、具現化しようとして挫折した、理想の姿だ。
ついに、アステリオンがやってくる。30年におよぶ、メガバスのロッド制作の経験と試行錯誤、味付け、製法、工法、素材特性の数々の経験値・・・数え上げればキリがないこれらロッド作りのスロットル変数は、唯一ただ一つ、長きに渡る経験値によって導かれるFeelのスイートスポットだ。つまり、経験値をもたらす時間軸が答えを出すものだ。
メガバス・ロッドファクトリーのテーラーメイド・クラフツマンが導き出した、サーフロッドの模範解答。アステリオンを存分に堪能していただきたい。