FRESH VOICE

梅雨時期を攻略する新製品ルアー!

雨天を彩るアジサイの花が美しい梅雨の季節となりました。

とは言えシーバスの活性が上がり、梅雨の晴れ間を有効に活用すれば、シーバスゲームを効率的に楽しめる最高の時季です。

 

今月6月末頃に発売予定の2種類のルアーを持って、つい先日、シーバスを狙いました。

 

そのルアーは、

  ★『空海ブリング130

  ★『オニマル 20 g 』。

 

ターゲットは、ここ最近ハマっている「タイリクスズキ」❗

 

舞台は河口付近にブレイク要素が点在するエリア。

船の航路筋や川筋には水深の変化が多数箇所存在しており、デイゲームで狙うタイリクスズキの停留ポイントとなります。

 

まずは『空海ブリング130』を使用し、中層レンジを探ります。

空海ブリング』特有のハイピッチアクションで捕喰スイッチを瞬時にしてONできるのがこのルアーの大きな特徴。

 

たまにロッドを真下にショートジャークして、さらなるハイピッチ波動を演出しながら中層レンジを探っていると・・・

 

 

大型のタイリクスズキがヒットしました。

 

 

そしてボトム攻略の切り札として最近最高の釣果を叩き出しているメタルバイブ・『オニマル』をここで取り出します。

 

中層から下のレンジに焦点を絞り、カーブフォール(テンションフォール)を多用しながらボトムを探っているとヒットとなりました。

 

 

【 オニマル使用方法 】

もちろん飛距離が多きなアドバンテージとなるのがメタルバイブですが、この『オニマル』にはミノーライクな波動を醸すストライクゾーンが存在していると私は実感しています(個人的見解)。

オニマル』を徹底的に使用して最もヒットが集中したリトリーブ速度があります。

それは、低速から中速へと変わる少し手前の速度です。

ロッドティップにブルブル感を感じるか感じないかの瀬戸際がストライクスピードだと感じました。

リトリーブスピードを迷った際は是非ともお試し下さい。

 

もうひとつ『オニマル』特有の使用方法があります。

それは、テンションフォール(少し強めのカーブフォール)を多用したボトムをギリギリ取らないボトム攻めをすることです。

なぜか圧倒的にバイトが集中する新世代的なメタルバイブです。

応用編としてお試しください。

 

 

基本ボトムに貼り付いているシーバス狙いであっても、まずはミノー系プラグで中層レンジから、次いでメタルバイブで。

 

空海ブリング 130』と『オニマル』のルアーローテーションの相性は抜群ですので、発売と同時にぜひ一度ご確認ください。

 

梅雨時期のシーバスフィッシングがいよいよスタートです♪