FRESH VOICE

COLLIEで春を満喫中

皆さんこんにちは。

兵庫県淡路島の大橋剛詩(オオハシツヨシ)です。

 

3月に突入し季節は大きく前進、日照時間もずいぶん長くなり、春の気配が次第に高まってきましたね。

 

日照時間の変化に伴い、水温の僅かな上昇、表層でのプランクトン増加が如実に表れてくる春先は大型メバルをお手軽に狙える大チャンス。

 

私も今年はデカメバルを狙ってこの厳寒期から今日までフィールドに足繁く通っております。

 

 

最強プラグ『COLLIE』で、春告魚・メバルを狙いました。

 

 

COLLIE』はメバルだけを特別にターゲットとして設計・デザインされたメバル専用スローシンキングプラグ。

メバルが好んで口を使う直線波動かつ超スローフォールアクションをワームではなくプラグで演出します!

 

大橋剛詩

 

 

ブリブリとしたミノーライクな動きやS字波動のシンペンであれば、リアクション的に喰ってくるかやる気MAXなメバルが主なターゲットとなることが多い。

一方 S字アクションを一切排除した『コリー』は、

リアクション的に喰ってこないやる気半分以下のメバルが主なターゲット。

かつ超スローに直線トレースできる『コリー』は、メバルの目線を長い時間奪い遠くからでも浮上させてバイトに持ち込めるという最強の武器となります。

 

大橋剛詩

 

表層付近だけをトレースするのではなく中層やボトム付近まで探る故、PEラインではなく馴染みやすいフロロカーボンラインを使用することも『コリー』の潜在能力を発揮する上で重要!

 

 

直線波動(ただ引き)だけでメバルからのバイトが得られなければ、トゥイッチ(お辞儀アクション)を数発入れる。

 

大橋剛詩

 

複合的なアクションを『コリー』1つでこなすことができる。

 

大橋剛詩

 

大橋剛詩

 

時には真鯛がヒットすることも・・

 

大橋剛詩

 

もちろん真鯛を狙ったわけではありませんが、春を直感させられた一枚でした。

 

大橋剛詩

 

コリー』だけに頼りっぱなしでは全メバルを攻略したとは言えないですよね。

 

気持ちに余裕のある時はジグ単も使用します。

 

ワームは昨2020年秋にデビューした『Dr.チョロ』。

 

「リフト&軽いテンションフォール」でボトムをソフトタッチするイメージ(ボトムステイ時はシェイクせず)。

 

大橋剛詩

 

ついばむアタリがジグ単らしく心地よい。

 

大橋剛詩

 

春の到来を告げるデカメバルシーズンの到来です。

 

COLLIE』と『Dr.チョロ』を数箱・数袋カバンに忍ばせて各地本番を迎えようとしているメバルゲームをお楽しみくださいませ。

 

 

一方、本職のシーバス最新事情は?と言いますと・・・

 

大橋剛詩

 

朝マヅメに常夜灯を絡めたポイントにてストライク。

 

 

ヒットルアーは、『アイスライド 135SW』。

メバルとは大違いのS字波動大好きなシーバス。

 

イワシなどの回遊型ベイトが接岸してくる迄は、河川や常夜灯付近など確実に居付いているだろうピンスポットから1バイトを引き出すスタイルが鉄板。

 

大橋剛詩

 

それでは皆さま、待ちに待った春の到来を探しにフィールドへと出向いてみてください。