Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > DIG UP THE MEGABASS > 美味しく遊ぼう!メガバスが提案するハイブリッド・タコゲーム

美味しく遊ぼう!メガバスが提案するハイブリッド・タコゲーム

back

 

全国各地に生息し、一年を通じて多くのファンを楽しませてくれるタコ。

港湾や小磯のショアゲームは、手軽さも相まってルアーアングラーの間でも人気急上昇中である。釣って面白く食べて美味しいタコゲームを、メガバスがもっと面白くする!

 

タコ釣りにはいろいろな楽しみ方があるが、ルアー的で手軽に楽しめる方法としてはエギなどでボトムを小突いたり、ズル引きしたりするのが一般的。

市販のものをそのまま使うだけでなく、リグ(仕掛け)を工夫したり、誘いのパターンを変えたりと、釣るためのハウツーも年々進化している。そんなタコゲームに、メガバスが必殺の専用ルアー・タコーレを送り込んできた。

 

201705_dum

 

● なぜメガバスがタコなのか?

ピンクジョージ「タコは引かないとか、重いだけとか言われますが、やってみると誰もがハマる魅力がある。それに意外と奥が深いんです。こんな面白い釣りをメガバスがほっとくわけにはいかないと思い、伊東社長にお願いしてプロジェクトを立ち上げました。コンセプトは“おいしく遊ぶ”。タコ釣りは食べることが究極の目的だったりしますが、せっかくだから釣りそのものももっと楽しんでしまおうということです。」

 

ピンクジョージが監修したタコーレは、遊び心満点のハイブリッドルアー。一見しただけでもインパクト十分だが、そのボディにはタコ釣り師の要望が徹底的に盛り込まれている。

 

 

 

taco-le_logoのここが新しい!?

① リアルなエビ型ボディ

ボディ形状はリアルなエビそのもの。99mm、80mmの2サイズに夜光、ホログラムなど10色のカラーを用意し、どんな条件でも威力を発揮。

 

201705_dum_pic02

 

② ヘッド&テールの浮力バランス

ボディ自体はフローティング仕様。動きの良さはもちろんのこと、ヘッドを上げた絶妙な姿勢によりフック自体の根掛かりが激減。安心してボトムを攻略できる。

 

 

 

③ ウエイト調整もワンタッチ

製品にはナス型オモリ1個を標準装備。オモリを付け替えれば水深や潮流にワンタッチで対応。5連サルカン等を用いればボトムから浮かせることも自由自在。

 

201705_dum_pic03

 

 

 

④ 独自の逃げ腰バンパー

テールはエビの逃げ腰を模すと同時に、岩やスリットへのスタッグを軽減するバンパー形状。

 

201705_dum_pic04

 

 

⑤ 強度と掛かりに特化したフックシステム

大型太軸のバーブレスフック2本と、アウトバーブカンナ4本のオリジナルフックシステム。根掛かりしにくく、タコはガッチリホールド。もちろん大物が掛かっても安心の強度。

 

201705_dum_pic05

 

 

⑥ 発光体装着ホルダーを装備

ヘッドには発光体を装着するためのホルダーを搭載。薄暗い時間帯や濁った潮のなかでのアピール力アップに貢献。

201705_dum_pic06

 

⑦ エサの併用にも対応

ルアー単体ではどうしようもないほど食い渋ったとき、エサを乗せることも想定してフラットヘッドにデザイン。

 

201705_dum_pic07

 

⑧ アピールパーツでアレンジ無限大

ボディ下部には様々なカスタマイズを可能にする「おまかせアイ」を設定。標準装備のスカート以外にも、別売りのアピールパーツを装着してタコの注意を引くことができる。

 

TACO-LE BLADE

TACO-LE FLASHER

TACO-LE TINSEL

TACO-LE BLADE

TACO-LE FLASHER

TACO-LE TINSEL

 

TACO-LE RUBBER(CURLY)

TACO-LE RUBBER(SHRIMP)

TACO-LE RUBBER(CURLY)

TACO-LE RUBBER(SHRIMP)

 

 

● 専用ロッド も大人気!

タコゲームで意外に苦労するのがロッド選び。メガバスではこの声にもしっかり応え、低価格・本格仕様の専用ロッドも提案。超筋肉質でありながら軽く、感度にも優れた使用感は、専用設計ゆえの完成度。

 

8P-762XHC

 

8P-762XHS

 

● もっとタコゲームを楽しむためにピンクジョージからのアドバイス

Q1. タコ釣りのシーズンは?ベストはいつ?

A1. ピンクジョージ「一般的には5月~8月がベストシーズンと言われているけど、11月、12月くらいまで釣れますよ! 地域によっても違うのでぜひチャレンジを!」

 

Q2. 狙うポイントはどんなところ?

A2.ピンクジョージ 「堤防などのロックエリア、それに砂地のカケアガリなんかが狙い目です。」

 

Q3. カラーは10色あるけど、どうやって選んだらいい?

A3. ピンクジョージ 「TACO-LEは、全国どこでも釣れるカラーをラインナップしていて、大きく分けると下の4タイプになる。もちろんどれも釣れる色ですが、釣れるカラーってのは地域によってけっこう異なるよね。ホントのヒットカラーは近くの釣具店のスタッフの方に聞くのが、イチバンです!!」

 

201705_dum_pic16:ボディ横に大きなクラッシュホロを施しており、光を欄乱射し、タコにアピール。タコの集魚用として、テープをクシャクシャにして使われることが多いが、TACO-LEは同等のアピールをボディ自体に施されている。

搭載カラー:G AKAZONAE、G ORANGE GOLD、G SILVER GLOW

201705_dum_pic17:夜の釣行はもちろん、水深の深いエリアなどで、アピールしたい時はグロー系カラーがおススメ。昼・夜問わず、タコにアピールできる。

搭載カラー:YAKOU、PINK GLOW、CHART TIGER

201705_dum_pic18:よりシルエットをはっきり出せるアピール重視のカラー。潮が濁っているときはとくにおススメ。

搭載カラー:DO-CHART、ABURAMI

201705_dum_pic19:よりナチュラルに、エビ・カニのエサとなる生物を模したカラー。潮が澄んでいるときなど、タコの警戒心が強い条件で効果的。

搭載カラー:IWAGANI、KURUMAEBI

 

Q4. TACO-LEの使い方の基本は?

A4. ピンクジョージ「この3種類の動かし方を、ポイントに合わせて試してみてください。

 ①ズル引き・・・投げてただゆっくり巻くだけです。

 ②リフト&フォール・・・竿を立ててタコーレを浮かし、沈める、を繰り返します。

 ③ステイ・・・ズル引きして、障害物に当たった際、少し止めて誘います。

BASSフィッシングをやる方であれば、ラバージグやテキサスリグを使うイメージです。常に、糸を張らず、緩めずの感じで、使って頂くと、よりアタリが取りやすいです。タコは、魚のようなアタリがないため、ラインや竿先に伝わる違和感をとっていくことが重要です。違和感を感じた際は、恥ずかしがらずにフッキングすることが、より多くのタコを釣る秘訣です。」

 

Q5. タコのおススメレシピは?

A5. ピンクジョージ「家族で楽しむならなんといってもタコ焼きがおススメ。ビールに合わせるなら酢の物や唐揚げがベストマッチでしょう。お洒落にワインで楽しむなら、アヒージョやカルパッチョなんかもいいですね。」

 

 

Q6. その他、釣り場での注意やアドバイスは?

A6. ピンクジョージ「タコは、共同漁業権の魚種に設定されている地域がありますので、各都道府県のホームページをご確認のうえ、ルールを守って楽しんでください!」

 

 

TACO-LEカラーチャート(全10色)

 

YAKOU

YAKOU

CHART TIGER

YAKOU

PINK GLOW

CHART GLOW

 

G AKAZONAE

G ORANGE GOLD

G SILVER GLOW

G AKAZONAE

G ORANGE GOLD

G SILVER GLOW

 

DO-CHART

ABURAMI

IWAGANI

DO-CHART

ABURAMI

IWAGANI

 

KURUMAEBI

KURUMAEBI

 

 

 

>>> 8POD ROD Series

 

>>> 8POD TACO-LE Series

 

 

TOPへ