Megabass JAPAN QUALITY

  • EN
  • CN
HOME > Back to Basic, Xtreme Bait. > BBX Ocean 大島英明流 ヒラメゲームの極意!

BBX Ocean 大島英明流 ヒラメゲームの極意!

back

BBXOバナー2

 

海底に同化して自らをカモフラージュし、通りかかる小魚を襲う。ヒラメはショアのルアーフィッシングにおいてシーバスと人気を二分するターゲットだ。静岡の海岸をホームにヒラメゲームを究める大島英明に、攻略の極意を明かしてもらおう。

 

 

ヒラメは練習すれば釣れる魚だ!

ヒラメは北海道から九州までの日本各地に分布するフィッシュイーター。サーフの波打ち際から水深100m以上の海底まで広く生息し、魚類や甲殻類、イカ類などを捕食。大きさも最大で1メーター近くになり、ルアーゲームの好敵手として近年特に人気が高い。そんなヒラメを、大島は「練習すれば釣れる魚です」と言い切る。それは釣り場に通い、基本通りのシンプルな思考でヒラメを手にしてきた彼ゆえの結論である。

 

0007

 

 

変化を探せ!―ポイント選びのヒント

ヒラメゲームのフィールドはサーフ。一見すると同じ景色の繰り返しだが、もちろんその中には釣れる場所と釣れない場所がある。狙うべきポイントはどうやって絞り込むのだろうか?

 

「足を使ってヒラメを探すことも必要ですが、広いサーフを端から端までチェックするのは時間がかかりすぎる。僕の場合は、まず水深と地形から大まかなエリアを決めていきます。水深は、浅いか深いかで言えば深いところ。足元から水深があって、かつ潮通しがいいところがベターです。地形は台風などで一気に変わってしまうこともありますが、通って頭に入れておくと修正もしやすいですね」と大島。

 

その中から当日どこに入るかは、季節や前日までの釣果、当日の風向きなどを考慮して選ぶという。ちなみに良くない条件は、波が荒れた日と大雨の後。水の色は重要で、濁りが強いときはあまり良くないと感じている。

ルアーを投入するポイントはズバリ、変化のあるところ。具体的には潮目、テトラポッドの周囲、ベイトの気配などだ。

 

「釣り場に着いて最初に見るのは潮流の向き。潮がどっち向きに流れているかを見て、潮が当たるところを探します。潮があまり動いていない時はテトラポッドのような障害物周りも狙い目。こういうところはヒラメの着き場になるだけでなく、水流の変化があるためいつでも期待できます。あとはベイトフィッシュの反応ですね。ベイトはイワシだったりキスだったりしますが、何であれベイトフィッシュの気配があるなら優先して探ってみます。海底の変化では、潮の干満でできる一つ目のブレイクと、その先にある一段深いブレイクを中心にチェックします。ヨブと呼ばれる海底の起伏や、タテに入ったスリットも狙い目ですね。こうした場所では段差の深い側にヒラメが定位していることが多いです。ボトムを探り、ルアーを通してこれを感知したら、コースを変えて何度もチェックします」

 

また、サーフといえば離岸流の存在も無視できないが、大島曰く、駿河湾では地形の関係で離岸流は出にくいという。ただ、払い出す潮は必ずあるので、それを見つけたらルアーを通してみるべき、とのことだ。

 

ZU_01

 

ZU_02

 9892

一通り探って反応がなければ移動。歩きながらも海を観察。小さなこともヒントになる

 

9878

払い出す潮があったら要チェック

 

 

SHADOWパンゲアが実現する完璧なゲーム―大島流タックル

大島がサーフゲームに求めるロッドは、軽く、しっかり曲がり、反発力、パワー、粘りを兼ね備えたもの。その心は?

 

「サーフの釣りは、基本的に1本のロッドですべてをカバーしなければなりません。しかも、使うルアーは大きく、ヒラメ以外に青物等が掛かってくることもある。そんな、何が起こるかわからない状況に対応し、かつ一日中キャストを続けるには、軽さ、パワー、粘り、耐久性といった要素が絶対に必要なんです」

 

この大島のリクエストをすべて満たして出来上がったのが“SHADOWパンゲア”だ。素材には徹底的にこだわり、92L、96ML、100ML、100M、106M、100MHの全6アイテムすべてにYOLOYを採用。軽く、細身でシャープなブランクスながら驚くほどのパワーを秘め、まったく腕力を使わずにルアーを遠くへ運んでくれる。後述するように、大島は第一投からフルキャストをすることが多いが、どう見ても軽くロッドを振っているようにしか見えないのが不思議だ。

 

「このロッドは曲がりを利用して投げるので、非常に楽なんです。腕力はいりません。もちろん、曲がると言っても柔らかいわけではなく、掛かった荷重の分だけしなってくれる感じですね。張りと粘りを両立しているので操作性が良く、魚とのファイトにも余裕があります」

 

リールはガウス30X、ラインシステムはPE1号に20lbのナイロンリーダーを結ぶ。この組み合わせは飛距離と強度のバランスが良く、大島が最も信頼しているセッティング。風が強いときは0.8号を使うこともあるそうだが、それ以外はこのシステムで通す。なお、ショックリーダーは最初はひとヒロとるが、底の砂にもまれて傷んで来たらその部分をカット。矢引きの長さになったら新しいものに交換している。

 

 0012

曲がりを利用したキャストは軽く投げているようで飛距離は凄い

 

0028

SHADOWパンゲアにベストマッチするGAUS 30X

 

 

刻一刻と移りゆく状況に合わせる―ルアー選びのポイント

ルアーはX-80マグナム、ハリバット90、ボトムスラッシュの三つを多用。また、ポイントが遠いときや青物の回遊に備えてウエイビングライダーなどのメタルジグもボックスに忍ばせておく。この4タイプがあればどんな状況でも対応が可能だ。

 

なかでも最近大島が注目しているのはボトムスラッシュ。ヒラメ・マゴチ専用のウエポンとして開発されたジグヘッドだ。このルアーは従来のジグヘッドと異なり、前面にメタルブレードを装着しているのが最大の特徴。このブレードがリトリーブ時に細かく水を切ることによって、ボディにハイピッチロールを伝達。強い波動とフラッシングで魚に気付かせ、ソフトルアーの艶めかしさでバイトに持ち込む。

 

「このルアーのすごいところは、引き波などに乗せてその場でアクションさせられること。ウエイトは30gありますが、ブレードがあるおかげで浮き上がろうとする力が働くため、一定のレンジをキープしやすいところも気に入ってます」

ボトムスラッシュにセットするソフトルアーは、シャッドテールのスピンドルワームとスティックベイトのスリングシャッド。いずれも5インチをメインに使っている。

 

「シャッドテールを選ぶか、ストレートを選ぶかの基準はアクションではなく、沈下速度です。よりゆっくりフォールさせたいときはシャッドテールがいいですね。抵抗の少ないストレートタイプは遠投したいときに使うと効果的です。釣果はどちらも差がないですね」

ワームのカラーは濃いグリーンとピンクを基本に、ベイトがハッキリしないときはより目立ちやすいカラーを使い、ベイトが小さいときは淡いカラーをチョイスする。

 

いずれにしてもルアーはどれが釣れるというより、その時の状況に合うタイプのルアーを的確にチョイスすることが重要、と大島は言う。どのルアーがどんな場面で効果的なのかが分かるまで投げ続けることも「練習」のうちだ。

 

 

0084

状況に合わせてルアーをチョイス

 

0060

ボトムスラッシュ。奥はスピンドルワーム、手前2つはスリングシャッド装着したもの

 

0036

基本はスローリトリーブ。余計なアクションはつけない

 

 

鉄則はヒラメより上を引くこと!―ルアーの使い分けとアプローチの基本

さて、いよいよ実戦だが、アプローチの前提はヒラメに合わせることだ。

ポイントに立ったら、大島はまずミノープラグ(X-80マグナム)で表層をチェックする。これはベイトがいて、ヒラメがそれを追って浮いているという仮定のもとに行う。もちろん、ベイトの存在やヒラメのボイルが目視できるときはより正確に狙いを定める。

 

「ルアーはヒラメより上を引く、どんな場合でもこれは鉄則です。ヒラメはベイトを追ってボイルすることもありますが、ヒラメが浮いているときにその下を引いても釣れません。だから活性の高い早朝は上からチェックしていきます。X-80マグナムは大きいミノーですが、基本ヒラメは用がなければそこにいない魚。用があるというのはエサを食べに来ているということで、大きいルアーで問題なく食ってきます」

 

日が昇り、ヒラメがボトムに潜ったら、今度は下からのアプローチに切り替える。この場合もルアーを引くのはヒラメより上。つまり、ズル引きではなく多少なりともボトムを切ってトレースすることが大事だ。

 

「ヒラメとマゴチの関係は、メバルとカサゴの関係に近いと思っています。底ベッタリのカサゴ(マゴチ)に対して、メバル(ヒラメ)は底を離れてエサを追います。だから、ボクがボトムのヒラメを狙うときは底から2m上を引いてくるイメージ。まずはハリバット90を使ってこのレンジを攻め、当たらなければボトムスラッシュで底から50~60cm上をトレースします。途中で底に当たったら、ロッドを軽くあおってルアーを浮かせ、そのままリトリーブを続けます」

 

余談だが、大島はボトムスラッシュが着水した後、カーブフォールで底を取っている。これはフォール中のバイトを感じるとともに、ルアーの沈下姿勢を水平に保つ意味合いが大きい。リトリーブには反応しなくてもフォールには食ってくる魚がいるので、ここは結構重要なのだそうだ。

 

こうして一通りチェックして反応がなければ移動、となるが、粘ったほうがいいか、ランガンしたほうがいいかは一概に言えない。時合や潮、ベイトの状況を見てその都度判断するしかないと大島は言う。

 

「何度も言うようにヒラメは用がなければシャローには来ない。ヤル気のある魚がいれば5~6投で釣れることが多いです。逆に言うと、その時釣れなくてもタイミングをずらして入り直せば釣れる可能性があるということ。僕の場合は朝、サーフを歩きながら何ヵ所か叩いて、その中で気になる場所があったら後でもう一度攻めてみます。攻め方は人によって違うので、他の人が投げた後でも問題ありません」

 

そこまでやってダメならエリアを変え、また一から探り直す。これが一回の釣行の流れである。

 

以上、大島流ヒラメゲームを紹介したが、特別な裏ワザや、奇をてらったルアーセレクトは一切していないことがお分かりいただけただろうか。大島本人が「やっていることは簡単、思いっきり投げてゆっくり引いてくる、それがすべてです」という通り、基本動作の繰り返しなのだ。しかし、それを積み重ねるうちに基本動作の精度はどんどん上がり、無駄撃ちは眼に見えて減ってくる。やればやっただけ釣果に近づくゲーム。「ヒラメは練習すれば釣れる魚」なのである。

 

 

9943

水流が変化するテトラ周りも狙い目

 

 

 

PG1SHADOWパンゲア製品ページ

 

 

BS_1

ボトムスラッシュ製品ページ