FRESH VOICE

明石海峡周りのタコゲームVol.4

皆さんこんにちは!

Megabassスタッフのトシユキです。

今回も明石沖のタコゲーム&青物ジギングに出てきましたので、状況をお伝えします。

今回もいつもと同様に、明石から出船のユーモア溢れる気さくな船長が操る中島丸さんにお世話になりました。

 

先ずは、青物ジギングです。

ポイントは明石海峡大橋東付近、水深は40m~30mのなだらかなかけ上がりになった場所。

上げの潮で、潮流は約2knotほど

当日は朝から雨で、風もそこそこ吹いており、うねりでやりにくい感じ…

魚群探知機にはそこそこ反応があるようなので、気合いを入れてしゃくります~

2流し目辺りから、船中竿が曲がりだし私にもチャンス到来!

50cmほどのハマチを捕獲し、次の流しでも同様のサイズをゲット♪

そこでサイズアップを図るために、SLASH BEAT180gカラーはシルバーゼブラをチョイスして大きくゆっくりとしたフォールを意識して誘ってやると…

出ました~ブリとまではいきませんが、70cmのメジロをゲット♪

 

 

 

朝イチで青物3本ゲットし、潮が緩んだタイミングでタコゲームのポイントへ移動です。

 

 

タコゲームは明石より水深10m前後の浅場のポイントです。

前回、調子の良かったTACO-LEシェイクTACO-LE Softの2つ掛けで始めます。

誘いは前回、前々回とハマったゆっくりとやさしめの誘いで探っていくと、開始早々反応が~

 

 

 

青物同様にさい先の良いスタート!

ところが…

回りはポツポツと揚げていくのに私には全く当たりません…

カラーを変更したり、TACO-LE Softの2個掛けなどいろいろ試しますが、さっぱりです。

 

タコゲームの終了時間が迫って来る中、釣れている同船の方の誘いを観察すると、かなりハードにシェイクして誘っています。

 

そこで、TACO-LEシェイクの2個掛けに変更し、強めのシェイク&ステイを繰り返すと久しぶりの反応が…

 

 

 

その後、同じ誘いでテンポ良く3匹を追加したところでタコゲームのタイムアップ…

結局タコは5匹だけの捕獲となりました。

 

 

 

敗因は状況の変化を読めず、前回、前々回と同様の誘いに固執してしまったからです…

再び青物ジギングに向かいましたが、意気消沈の私はまるでダメ…

帰港時間となりました。

 

竿頭の方は短時間でも10匹の水揚げだったので、明石界隈のタコゲームの調子は上向きになってきている感じです。サイズも船中キロアップが何匹か上がっており、私の捕獲したタコも中タコサイズで前回、前々回のような小タコはあまり見かけませんでした。

次回は、今回のミスを教訓に、サイズ、数共に伸ばせるよう頑張ります!

 

ところで、関西地方も梅雨入りし、今回もそうですが雨中ゲームが増えてくる季節になりました。

私が着用しているMegabassアパレルのニューアイテム、ウィルダネスジャケットは高い

透湿・撥水・防風機能に優れたジャケットでストレッチ素材&立体裁断により快適なゲームをアシストしてくれます。

雨中においても集中力を切らさないよう万全の装備でゲームフィッシングを楽しみましょう♪

 

 

◼️タックルデータ(タコゲーム)

ロッド 8P-FUNE 180-2

リール ジギング用ハイギアモデル

ライン PE2.5

リーダー 10号(フロロ)

ルアー TACO-LEシェイク TACO-LE Soft

◼️タックルデータ(青物ジギング)

ロッド ジギングロッド6feet~180g

リール ジギング用ハイギアモデル

ライン PE1.5

リーダー 7号(フロロ)

ルアー SLASH BEAT180g