Megabass JAPAN QUALITY

HOME > CONCEPT

CONCEPT

back



現代の生産品(製品)の中には、明らかにコンピュータによって完成されたと思われるものがあります。しかも、短時間で。反対にメガバスを見てください。特にエクステリアは誰が見てもハンドメイドのぬくもりがあります。私たちは、機械加工による画一化された大量生産品を作っているのではなく、ハンドメイドによって工芸品の量産を行っています。
このメッセージは、コンピュータの氾濫の中でとても重要です。

Among the today’s products, you can easily see that computers finish them in a short time. On the other hand, please see Megabass. You all can find the hand-made warmth, especially, on its exterior. We, Megabass, produce not machine-made standardize mass-products but art works in large quantities by hand. This message is very important in such world as computers are in flood.

既存モデルのモデルチェンジに際しても、単純な変化ではない、生産上のエヴォリューション(進化)が必要です。ラジカルな変化は必要ありませんが、デザイン言語の翻訳を毎日たゆまず行っていくつもりです。

“Evolution”, not “Change”, is required on the production line when the existing model is changed. The radical change is not necessary but we will keep translating the design language every day.

デザイナーがいかにハードな仕事をしているのか…それはまさに血と汗の結晶です。
ただ、メガバスには傑出した特徴があるのです。つまり、その性能がほとんど競技専用スペックとして傑出しているにも関わらず、まったくフツウの釣具、たとえば日本古来からの和竿の様に、眺めることもできるのです。たしかに、和竿や古典的な浮子などは、現代のコンピュータメイドの釣具と比べると、手加工による精度や強度、仕上げの点(うるしタレがあったり、天然木のチリのズレや部材のバリ、磨きムラ等)で、この世界に造詣の深くない人が見れば、その価値を見出すことはできないかもしれません。私もかつて、そんな一人でした。

Since we know that the designers work very hard, we can find their works are the real fruits of their labors. In addition, Megabass has one prominent characteristic. In short, nevertheless most of its performances are prominent as exclusive tournament specifications, they are normal fishing tackles and they can be in gazed at like Japanese traditional rods. Actuary, Japanese traditional rods and floats are more worthless in their precision, strength and finish; e.g. lacquer dripping, bulging out of material and lack of polish uniformity etc., for people who have no knowledge of this world, I was one of them before, than today’s computer made tackles.

しかし、手作りの世界感は、年齢と共にその良さが次第に判る様になり、或いは自身の感性の成長とともに、そこに製作者の汗や試行錯誤、心が、感じ取れる様になりました。精度とか均一性といった工業概念は、古来からの日本文化の「工芸表現」とは異なり、戦後、私たち日本の労働者に刷り込まれてきた、一億総生産者としての概念かも知れません。それを理解した上で、先の和竿や椀、盆、茶器などの工芸的手作り品は、不均一なれど、文化的な統合や統一が見える奥の深い世界。これはきっと、私たち日本人のDNAが宿している「不協和音への強烈なあこがれ」の様な気がします。趣味に対する文化的成長度や解釈の度合いによって、この感覚は、おのずと目覚めていきます。

I, however, have been getting to understand the quality of hand-made world with my increasing years, and I can feel designers’ efforts, trial & error spirits and minds in it with developing my sensibility. Industrial concept, like strength or uniformity, is different from “Handicraft Representation” of which Japanese traditional culture. It may be considered as the concept that has been printed on us, Japanese laborers, from World War II. You may think that the hand-made art works such as Japanese rod, bowl, tray and tea-things are not uniform. But, after understanding the above, and if you overlook them, you can see the cultural unification in this deep world. It might be from our strong longing for “Discord” which printed on our DNA. This sense will awake with developments of culture and understanding. Respecting the outlook on the craftsmen’s’ world, we have been studying every day. We cannot produce mass-products precisely like computers and it is impposible for us to keep our work skillfully without limit.

こうした工芸製作者の世界観をリスペクトしながら、私たちも日々、勉強しています。私達は、コンピュータメイドによるマスプロダクツほどの精度は出せないし、手際の良い作業をするのにも限界があります。しかし、日々スキルを磨き、お客様の励ましからモチベーションを高め、他の釣具ではもたらすことのできない何かを感じ取っていただける様なモノづくりを目指しています。これは、本社工場に直結するブランチファクトリー(分工場)も同じ想いです。「メガバスイズム」を共有しなければ、ぬくもりのある製品を作ることはできません。ただ単に、スペックと精度だけを追求した、合理的ではあるが冷たい工業製品になってしまいます。私達は、世界中に供給できる「日本の工芸品」を作っている感覚を忘れない様にしています。

However, we keep improving our skill every day and are highly motivated by encouraging words from customers. Our aim is to produce such things as our customers can feel something that other tackles cannot provide. Our branch factories, which connect with us directly, also have the same aim. If we do not share “Megabassism”, we cannot produce such goods as having warmth. Not having the aim, we will produce rational but cool industrial goods such as pursuing only the specification and precision. We keep it in our mind that we are producing “Japanese art works”, which are provided to all over the world.

もうひとつ言えることは、メガバスは、日本のモダン・デザインの基礎を造った数奇屋造りの考え方や元禄文化など、我が国の伝統である、フォルム・フォロウズ・ファンクション(形態は機能に従う)という哲学を内包していなければなりません。メガバスが目指すのは、フォルム・フォロウズ・エモーション(形態は感動に従う)なのですから。

Moreover, Megabass have to involve Japanese traditional philosophy, “Form follows function”, of which the idea of Sukiya style of building and Genroku Era culture lay the groundwork of Japanese modern design. Megabass heads for “Form Follows Emotion”.

こうした私達の考えを感じ取っていただければ幸いです。

We hope that you will take in these our view from the above.

なお、万一、私たちが作る製品に関する不備な点や御質問、お問い合わせ等がございましたら、遠慮なく当社営業窓口(053-431-0777)まで御連絡ください。
これからも、みなさんと共にエモーショナルな釣り道具を作り続けます。

If you should have any questions or requests for our products, please feel free to contact our sales section, tel. no. +81-53-431-0777
We will keep producing emotional fishing tackles along with you in future.

Thank you.

Fun to Study
< Megabass family fishing school >